kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

神の手!

 

生きてるじぇぇえいっ!

 

4時間にわたる攻防の末、無事帰還となりましたぁっ!

最小リスクで最大効果を収めていただきました。

 

神の手は存在する。

神の手は実在した。

実感しました。

 

通常の心臓カテーテル施術は、小一時間程度だそうです。

 

凄かったんだデスよ。神の手技。

最大の難関だった

ヘアピンカーブ状で閉塞しているところにも

しっかりカテーテル挿入成功。

 

諸般の事情でそけいぶ動脈が使用できなかったため、

手首と肘からワイヤーを入れる予定で治療スタート。

「まずは、現状観察をしながら具体的な手段を講じますね」

そう言うと先生様は、右の手首からワイヤーを挿入。

心臓付近に来ると画面に映し出されるのであたしにも少し見えました。

手首からワイヤーを入れる時は痛いです。

今回で3度目ですけど、やっぱり痛いです。

そこを乗り切れば、この施術は

患者が苦しむことはないように思います。

 

あたしにはさっぱり分かりませんでしたが、しばらく何やらやっていた先生は、

「前回の処置で傷ついた血管の中をうまく通すことができました。

 これがうまくいったので、残りの箇所も解決できそうですよ」

施術開始30分くらい(時計がないのであたしの腹時計頼りですが…)。

何ともうれしいお言葉です。

 

これから出勤です。

詳しいことは勤務時間中に書いちゃうけん。

 

って思って出勤したら……。

 

何これ?

 

窓際族北日本代表のあたしの席にお仕事がどっさり。

 

「きえぇぇぇっ!病み上がりだっつーの!」

 

うろたえ、救いを求めるあたしの背中に、注がれる冷たい言葉。

「3日も4日も休んだんだから、四の五の言わずに働け」

 

鬼!悪魔!人でなし!

 

仲間だったら「良かったね」くらいの優しい言葉はないの?

あたし、死ぬかもしれなかったんだよ。

なのにさ、冷たい視線のオンパレード……。

 

あたしって、嫌われ者なの?

みんなに優しく接してきたよね。

困った時に助けてあげたよね。

ねっねっねっ!

……。

 

はいはいわかりましたわかりました。

働きますよ働きます。

働きゃいいんでしょ!ふん!

 

というわけで、のんきにブログ更新をもくろんでいた

あたしの企みは見事にくだけ散り、

仕事に忙殺されることに相成りました。

 

ま、どうせ、あたしの狭心症治療の顛末なんか

たいして面白くもないし、知りたい方もいないでしょうから、

尻つぼみのまま終わらせちゃいますね。

 

神の手も非道の職場に効果なし

 

下手な川柳で締めちゃいましょ。

今はどさくさ紛れの昼飯時にあわてて書き込み中です。

はぁ…。無念…。 

 

 

広告を非表示にする