読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

ナイスなパロディ

自民党は必死だよ

 


教えて!ヒゲの隊長 - YouTube

 

みなさんはもうご覧になられましたか?

自民党が作った安保法制PRアニメ。

YouTubeで公開され、それなりに話題を呼んでいました。

「教えて!ヒゲの隊長」っていうタイトルです。

電車に乗り合わせた女子学生に

隣に座ったヒゲの隊長が、

安保法制に関わる疑問に答えていくもので

「日本人もいろいろな脅威にさらされているから、この法律が必要だ」

と訴えています。

自民党の広報によれば

若い世代を中心に分かりやすく

法案を説明するためとのことですが…。

自衛隊出身の佐藤正久参院議員が

アニメのキャラクターに扮して出演。

たぶん声もこの方だと思われます。

素人臭さは否めませんが、一生懸命さは伝わってきます。

しかしながら、誰が原作なのかは分かりませんが

国会でも糾弾されていたように

個別的自衛権集団的自衛権がごちゃ混ぜの説明です。

その流れでひたすら「日本」が危ない、

「日本人」が危ないってあおることおよそ5分。

あたしたち国民が不審に思うところには一切触れず、

必要なんだの一点張りです。

まぁ、PRビデオだから当たり前か。

 

自民党は頑張っているなぁ…。

でも、頑張っているから

認めてあげるってことにはならないわよ。ね。

なんたって国民が戦争に行くことを認める法律なんですから。

もっと考えないといけません。

一政権の力で決めていいことの

範疇(はんちゅう)を逸脱(いつだつ)していると思います。

まぁ、あたしはハナっから安倍晋三が嫌いというか

信用できない人間だと感じている一人なんですけど…。

 

■国民をなめてますね

 

でもさ…、あたしも含めて一般大衆ってやからは、

あらがう手だてもなく実に非力でしょ。

デモに参加したり、声明文を発表したり、

行動に移せる人はホンの一握り…。

反政府的な行動に出ると

「お前はアカだ」ってレッテル貼られちゃうもんね。

田舎にいるとなおさら目立っちゃうから、

ホントやりづらいんですよね。

って、いいわけばかり並べても仕方がないわね。

 

そんな声なき声を無視しているのが

今の政権。

自分たちのやりたいことを数の力でごり押ししてます。

あたしにはそう思えてなりません。

 

そもそも安倍晋三って人は

最初に総理大臣になった時、

お腹が痛いから辞めますって、

自分の政権をあっさり手放した人ですよ。

 

北朝鮮拉致問題

強気なことを言って人気を集めたのはいいけれど、

いざ自分が政権担当者になったら、

ほかの大臣の失態やなんかで支持率が急落。

ついには政権放り投げです。

大相撲なら

「決まり手放り投げ〜放り投げ〜」

こんな技あったかって行司さんもびっくりです。

一般大衆のあたしたちもポッカ〜ンだったでしょ。

 

そんな人ですから支持率が下がると

またやりますよ。得意技の「放り投げ」。

そこら辺の一般人と立場が違うことをまるっきり理解できていない。

 

「イヤだからやめるんだも〜ん」

「こんな辛い思いするくらいなら投げ出しちゃうんだも〜ん」

「総理大臣やめたって、別に食うに困るわけじゃないからいいんだも〜ん」

 

そんなふうに思ってたんじゃないかって勘ぐってます。

もちろん直接本人から聞いたわけじゃありませんし

当然確認もできないですから断言はできませんが、

甘っちょろい育ちをしたボンボン丸出しに思えます。

少なくとも一国の総理大臣という立場の者が

やっていいこととは思えません。

副総理に一時的にバトンを渡して、

休養すればよかっただけです。

自民党もなめられてますよ。絶対。

 

一般大衆は腹が痛くてもガンになっても

難病であっても働けるうちは何としても働くんです。

人間関係や仕事のトラブルがあったからって

いちいち辞めてたら食っていけないんです。

涙を流しても鼻水を垂らしても

ヨダレに溺れかけても食いしばる歯が抜け落ちていても

どうにか踏ん張ってそこにとどまろうとするんです。

生活がありますから。意地がありますから。支える家族がありますから。

家族がいない独りもんだって同じです。

みんな歯を食いしばって、ここに立とうと頑張っているんです。

 

そんな切ない暮らしをしたことがありますか? 晋三さん!

明日食べるご飯の心配をしたことがありますか? 2世、3世議員さん。

 

あたしの記憶が確かなら安倍晋三さんは

唐突に「美しい国ニッポン」とか言い出して

教育改革で愛国心を育てるって…。

いかにも勘違い野郎が思いつきそうな

ゴタクを並べて…。

 

愛国心は育てるものじゃなくて芽生えるものです。

芽生えたものを育むのです。

そのためにはまず、

「この国に生まれてよかった」

って、本心からそう思える国にしなければなりません。

それなのに肝心な何が必要かを先送りにして

教育現場で国を守ることは尊いことだ、

そのために戦争に行っても仕方がないんだって教え込む。

それは洗脳です。

 

愛国心は教育するとかそういう次元のものではないでしょう。

国の姿が先になけりゃどうにもなりません。

坊ちゃん政治家に多く見られる

国の未来像の具体策ゼロ。

 

例えば半径500メートル以内に

各種専門病院・スーパーマーケット・金融機関を必ず配置して

地域間格差を限りなくゼロにしますとか。

例えば、ですけどなんか具体策示してよ。

無理を承知でも自分が思い描く国の未来像は

具体的にこうだって言ってくれ。

 

■めっちゃいいできのパロディ

 


【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた - YouTube

 

まぁ、なんだか熱くなってとうとうと書いてしまいましたが

話を戻しますね。

そのヒゲの隊長のアニメ動画が公開されて

しばらくすると上記のパロディ版がYouTubeにアップされたんです。

 

これがものすごくいいでき。

あたしたちの疑問にも答えてくれた上に

ヒゲの隊長以下自民党をやり込める内容になっていて、

お見事。秀逸です。

胸がすっとしました。

 

どこのどなたが作られたのか存じませんが、

知識と技術と素早い対応に感心しています。

 

でさ、あたしたちもそろそろ主張しませんか。

今はネット時代ですもんね。

あたしのようなちっぽけなブログでも

何人かの方は見たり読んだりしてくださいます。

みなさんのところはもっと反応があるでしょうから

安保法制のみならず権力が行う

「こりゃまずいな」ってことをいろいろと

書いていきませんか?

そうすれば、同じ思いの方々が繋がり合えて

何か行動できる日が来るかもしれません。

 

もちろん賛成の人は賛成論を堂々と主張していいんです。

そうでなければ民主主義ではありませんから。

 

もっと書いていたいけど、

さっきからあたしの後ろをうろつく奴がいるんで

今日はこの辺にしときます。

うろついてるのがおエライさんなもんですから。

やべぇ!

広告を非表示にする