kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

鍵、忘れました。

いいから早く開けてください。

事務所の鍵忘れちまったんすよ。

1時間も前からクソ寒い中で鼻水凍らせて待ってたんです。

手もすっかりかじかんで、思うように動かないんだからさ。

 

なに笑ってんだよ。この野郎。下手(したて)に出てたらいい気になって。

どうしてもやらなきゃならない仕事、押し付けたのは上司のあんたでしょ。

だから、わざわざ早出したんじゃねぇか。

 

道ばたの水溜まりにゃぁ、もう氷が張ってんだぞ。

今季一番の寒さだってよ。

さっき、車のラジオで言ってったわ。

そんな寒波の中で1時間も突っ立ってたんだよ。

 

ヒョーテンカだよ、氷点下。

わしらの家はカカァ殿下。

どちらも震えが止まりません。

なんちゃって。

バカなこといってる場合か!

 

はぁ、ホントにガタガタガタガタ震えが止まんねぇよ。

それなのに、なに嬉しそうな顔してんのよ。

あたしが困ってるのが、そんなに楽しいか。

 

なんだよ、楽しいって…。

嫌なやつだねぇ、優しさのかけらもないね。

そういう態度だから、若いもんがついてこないんだよ。

「部下は上司を選べません」

ポスター作って事務所中に張ってやろうか。

なんだよ、お前がついてきてるからいいって。

……。

ばかやろう…。

嬉しいこと言いやがって…。

へへへ、照れるじゃねぇか。

おじさんをからかうんじゃないよ。

うふふ。

 

なにっ? 寒いから心温まる話をした?

くだらないこといってんじゃねぇよ。ったく。

 

あはははって、面白くないわい! 笑うんじゃないっつーの。

いいから、さっさと鍵を開けとくれ。

……。

んもう、なにやってんのよ。

いろんな鍵をジャラジャラジャラジャラ。

それ全部使う鍵かい? っとに…。

どこの鍵だよ。

これが家の鍵でこっちがロッカーの鍵、

んでもってそっちは貸金庫の鍵。

それ貸してくれ。

ははは、…やっぱりダメ?

 

で、事務所の鍵はどれなのよ。

すぐに分るように、なんかシルシくらいつけとけよ。

赤いテープを貼るとかさぁ。

……。

あった? それ、それが事務所の鍵かい?

やったね、さすが上司。だてに長く働いてないね。

やるときゃやりますって、いいよ。胸張らなくて。

さっさと開けようよ。俺死んじゃうよ。

今季凍死第1号になっちゃうでしょ。

早く事務所入って暖房入れてよ。はぁ…。

 

えっ、ナニ? 開いてた? どーゆーこと?

昨日、鍵を閉め忘れて帰ったぁ?

このばかたれ!

 

開いてたの……、鍵……。

もっと早く教えてくれよう!

あたしの味わった地獄の1時間、どうしてくれんのっ! もう!

…………。

 

あたしのへっぽこ上司との朝のやりとりです。

あたしもあたしで、まさか開いてるとは思いもせず、

ドアにさわることもしませんでした。

いつも一番に出勤して事務所を開けている上司は、

キーホルダーにジャラジャラと鍵を10個以上ぶらさげ、

事務所の鍵を探すのにも、ひと苦労する始末。

挙げ句の果てには、鍵を掛け忘れていたんです。

鍵を忘れるヤツと、鍵を閉めないヤツ。

どっちがオッチョコチョイかなんて、議論は不毛です。

 

この会社大丈夫でしょうか。

ったく。不用心だね。