読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

緊急地震速報なんかやめちまえっ!

いやあ、16日はホントびっくりしましたね。

午後2時20分頃職場で

いつものように仕事をサボっていたあたしのスマホから突然の警報。

 

ゔぁあゔぁあー!ゔぁあゔぁあー!ゔぁあゔぁあー!

地震です!」「地震です!」(と言ったような気がしているんだけど…)

 

間髪入れずに他のスマホからも警報が鳴り響き、職場は一時騒然。

ナニナニナンナノナンナノ! ドシタノドシタノ?

なんとか言ってよっ! どうすりゃいいのっ!

 

血の気が引きまくり、緊張しまくり。です。

 

まさに悔い改める間もない突然の死刑宣告。

恐怖感から言葉も出ません。

 

ボーゼンと立ち尽くす者。

テーブルの下に隠れる者。

女子社員にくっつく者。

それを突き飛ばす者。

金庫を外に持ち出そうとするもの。

…は、いませんでしたが、み〜んな無言。

 

地震がくる、その瞬間をじっと待ちます。

めっちゃ怖い。

 

じりじりじりいまかいまかまだかまだか。

固唾をのんで待っておりました…。

 

「あれっ?、今揺れた?」

「ああ揺れた揺れた」

「これで終わり?」

「そ、終わり終わり。さ、仕事仕事」

 

幸いなことに当地はほとんど揺れず、あっけない幕切れでした。

よかったじぇいっ!

 

でも、函館方面ははたいへんだったみたいです。

まぁ、人命が奪われなかったのが救いですが…。

 

それにしてもさ。それにしてもですよ。気象庁さん。

少しでも早く知らせて危機に備えてねって気持ちは分かります。

分かるけどさ。

あたしも今まで何度か緊急地震速報は経験してるから

「ま、こんなもんだろう」とは思ってたけどさ…。

あの恐ろしげな警告音と無感情で無機質なアナウンス。

とつぜん

「お前らみんなこの地震で死ぬんだぞ」って教えられた感じ。

 

もんのすごい恐怖です。

おっかないです。

お化けが出る方がまだまし。

そう思います。

 

これが少なくても一時間くらい前に予告してくれるんなら、

「やるな気象庁」「さすが気象庁」って誉め称えます。

あたしでも。

 

でも、ほとんど次の瞬間に近い告知ですよ。

 

なんの役に立つの?

 

ひたすら恐怖をあおるだけ。そう思えてなりません。

なにも考えられなくなり、逃げることもできません。

たぶん祈ることも…。

いや、祈ることはできるかな?

「怖いよ恐いよコワいよぉっ! ああ神様、どうか命だけはお助けください」って。

でも次の瞬間ものすごい揺れ。

「ぎゃぁぁぁぁ!!!」

 

き、気が狂ってしまうわ。

 

あたしはなぜか、立ち上がって机の上のものを右や左に動かしていただけ。

いざ揺れたら机にしがみつこうとでも思っていたのかな。

できることなんてその程度です。

外へ走ったのは1名のみ。

あとで同僚からめちゃめちゃ冷たい視線をを浴びておりました…。

 

今回は当地では見事な空振りでした。

地震がこなかったのはよかったんですが、やっぱり不満は残ります。

さんざん脅かされて、それはないでしょって。

 

ヘンテコな形の二次被害者となった彼も思ったはずです。

「やるなら当てろ!」

 

その通り。

あたしたちだって死刑宣告されて、

寿命が短くなったんだから不満が残ります。

ホント生きた心地がしなかったんだから…。

 

それなのに

「わしらちゃんと教えてやったけんね」

「できることは全部やったけんね」

「責任ないけんね」

「生きるも死ぬも関係ないけんね」

的な考えが気象庁さん側にあるように思えてイヤな気分です。

 

「やるならもっと早く教えろ」

「やるなら当てろ」

「それができないなら〝やるな〟」

                     そう思います。

 

警告してほんの数秒で災害に見舞われるなら

いたずらに恐怖をあおる必要なんてないと思います。

 

ACかなんかのコマーシャルに

「直前までは普通の日だった」

というものがあります。

 

あたしはそれでいいと思います。

数秒前に知らされて、いらぬ恐怖を味わって

あげくに災害に巻き込まれて死ぬとしたら、

直前に知る必要なんてありますか?

 

一時間も二時間も前に予告されて、

いろいろな手段を駆使して災害から逃れようとしたけど

結果ダメだったというのとは明らかに違うはずです。

 

もっと研究を進めて予知能力を高めてから実用化するべきですよ。

いたずらに恐怖を与える権利なんか誰にもないはずです。

 

気象庁は、たしか昨年度は地震津波・噴火予知に12億円を超える

莫大な国の予算をいただいていたはず。

あのね、12億円だよ。12億円。

12億円も使ってなにをやってるんでしょう。

「予測は難しい」「予測は不可能」

そう言っていながら12億円も税金を使ったの?

ナニに?

そもそも昨年度予算では物件費より人件費の方が高いじゃん。

どういうこと?

そこらへんのこと、そのうちきっちり調べてやるからな。

首洗って待ってろよ!

 

あらら、気象庁の話になると、どうも気分が高ぶってしまうのね。

 

とにかくこんな精神衛生上よろしくないサービスなんかやめなさい。

まだ実用化には早過ぎますって。

ね、そう思うでしょ。

広告を非表示にする