読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

汚れちまった悲しみに

革ソファについてしまった白髪染めの除去作戦。

昨夜、さっそく実行しました。

ホームセンターで買った800円弱の

革製品クリーナーをボロきれに塗り付けて3分ほど放置。

その後乾いたボロきれで円を描くようにこすりとると

……………………

何一つ取れません。

しっかりとシミが残っています。

「使い方を間違えたかな」

再度説明書を読み確認しました。

「なんも間違ってないべや」

少々イライラしながら再び挑戦。

少しだけ力を入れてこすります。

……………………。

ソファはなんにもなかったかのようにふんぞり返っています。

 

けっこう真剣にやりました。

久しぶりの本気モードでした。

帰宅してから一切カミサンと目を合わせず会話もせず、

無言でせっせせっせとひたすら作業すること10分少々。

ほんのり汗までかいてました。

安物買いの銭失い。

どこかで誰かの笑い声がしたような。

背後に殺気。

鬼ヨメがキョーレツな視線で刺し殺そうとしています。

「ひえっ!」

「やっぱり取れないっしょ」

「うん」

「無理なんだって、こんなクリームじゃ」

「でも」

無理なのっ‼︎‼︎

「はいっ」

「エ〜ン」

「ごめんごめんごめんごめん」

「1年でオンボロになっちゃったぁ。え〜ん」

「ホントにごめんね、ごめんね」

 

静けさや テレビの音が 響く居間 ………。

 

しばらくしてカミサンが

「なっちゃったものはしょうがないね」

「えっ?」

「あきらめよ」

「いいの?」

「仕方がないもん」

「でも」

「もういいの」

「ホント?」

「うん。次からは気をつけてね」

「………」

次からは気をつけてね‼︎

「はっ、はいはいはいはいはいは〜い!」

 

やさしいヨメに戻ってくれてありがとう。

 

どなたか革張りのソファについた

白髪染めを除去する方法をご存じの方いませんか。

 

汚れちまった悲しみは

小雪の降らなくなった

春になってもしばらく続きそうです…。

広告を非表示にする