kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

ヤリキレナイ悲話

■おバカな仕事は疲れるぜ

 

やってもやっても出口が見えない。

そんな仕事に取り組まされてもう1週間。

相変わらず出口はおろか、この道でいいのかすら分からない

手探りの状況が続いてます。

パンフを作るという単純な仕事なんですが、

原稿がそろわない、

これでいいかと思ったページには

容赦なく追加変更がくる。

使う写真がコロコロ変わる。

もう、振り回されっ放しです。

それが2つあります。

どっちもどっちで、しかも同時進行。

何が何やら分からなくなりそうです。

おつむの弱いあたしには…。

おかげでブログ更新も昼休みの短い時間しかできません。

 

ストレスたまるなぁ…。

 

本来なら勤務時間を3時間くらい使って

ゆっくり書きたいことを調べたりして

なるべく誤りがないようにしたいのですが、

昼飯食ってネット対戦マージャンをしてたら

残る時間なんか20分もありません。

そんなんでダラダラ長文が書けるんなら

とっくに作家になっちょるわいっ!

 

なれなかったけど…。

 

■怒りにふるえオネェ登場

 

「やってらんねーぜっ!」

投げ出したくなります。

 

クライアント側の船頭が多すぎるのと

コンセプトがいい加減すぎることが原因なんです。

営業も可哀想です。

でも一番可哀想なのは、

一生懸命作っては嵐のような変更で

一からやり直しているあたしでしょっ!

 

やりきれないわよ。んもうっ!

 

あら、突然オネェ登場です。

「あなたねぇ、いくらお金払うからって、

 こう好き放題にやられたんじゃ、優しいあたしもツノを出すわよ!」

 

って言いたいけど言えないのが辛いところです。

はぁ、ホントにやりきれない、やりきれない…。

って思っていたら、思い出しました。

 

ホントにあるすんごい河川名の川

 

あたしが住んでいる地域からさほど遠くないところの、

由仁町あるもんのすごい名前の川。

 

「あら、何そんなにぼやいてんの?」

「何か辛かったの?」

「詳しく話してちょーだいな」

 

なんて近くにいる人に思わず話しかけたくなる河川名です。

ご存じですか、

これ。

f:id:kunbe:20150615121401j:plain

何があったかは知りませんが、

こんな名前を付けるんですから

よっぽどのことがあったに違いありません。

開拓もままならい中、氾濫を繰り返して

農作物が壊滅したとか、家族に犠牲者が出たとか。

北海道の厳しい開拓時代を思わせる

河川名です。

そう思うでしょ。

そうでしょ、そうでしょ。

 

でも、実際に流れているのは、

これ…。

f:id:kunbe:20150615121407j:plain

氾濫するか?、こんなチョロ川。

それこそ やりきれないわ。

 

ナニナニ看板をよく見ると

河川名の由来が書いてあります。

 

アイヌ語河川名:ヤンケ・ナイ又はイヤル・キナイ

意味:魚のすまない川又は片割れの川

 

■ヤンケナイがヤリキレナイ?

 

なんじゃこりゃ。

ヤンケナイがヤリキレナイになったの?

ホントかよ。

だったら、イヤル・キナイを

ヤルキナイにした方がまだ自然じゃん。

そう思いません?

思うでしょ。

でしょ、でしょっ。

それを思わせぶりな名前にしあがって!

ヤルキナイに変えちゃいなさい。

その方が断然自然。

 

誰だっ!

それなら、あたしにピッタリだって

思ったやつはっ!

 

もうやるきないわ…。

…。

あらら、ちょうど時間となりました。

はぁぁ…。

さっ、みんな、

またお仕事はじめるわよ。

いいわねっ!

 

えへへ。

すっかりオネェが気に入っちゃいました。

 

 

広告を非表示にする