kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

ビックリする温泉(2)

今までのうっぷんを晴らすから、今回は長いよ〜!

「ビックリする温泉」、本編の始まり始まり〜!

 

豊富町って知ってますか?

 

f:id:kunbe:20150827145744j:plain

 

えへへ。やってきました豊富町

北海道最北端のまち、稚内市から下ること50〜60キロ。

日本海側のサロベツ原野に広がるまちです。

酪農が盛んで、いたるところ牧場だらけ。

こんな平和な町にぶったまげる温泉があるってんです。

なんでも稚内市内に温泉が出るまでは日本最北の温泉だったとか。

余計なことしやがったね、稚内

豊富町からたったひとつの売りもんを奪っちまって…。

えっ?豊富にはほかにも売りもんがある?

しかもいっぱい?

はは、さいですか。そりゃ失礼しやした。

 

■写真よりちゃっちいけど

 

f:id:kunbe:20150904155720j:plain

 

で、ここが噂の温泉施設ね。

お世辞にも立派たぁいえないけど、そこそこ普通の建物だよ。

玄関入って靴を脱いでっと…。

おやおや、お盆だってぇのに、結構混んでやんすねぇ。

ご先祖様の墓参りもしないで、この罰当たりめっ!

あはは、そりゃあたしも同じだわ。

え、なになに?

へぇ〜、全国からお客さんがいらっしゃるんですか。

湯治で。

はぁ〜なるほどねぇ。

わかった、わかった、わかりましたよ。

安いんでしょ。

湯治1ヵ月で5000円ぽっきりとか。

しかも3食昼寝付き。なんてね。

へ?んなこたぁできない?

そりゃそうだね。

もしそうだったらあたしなんざ、居着いちゃうわね。

ホントに。

知る人ぞ知るって感じかと思っていたら、なかなかの人気。

ようがすようがす。

誰もいないよりたくさんいた方が、いざって時に頼りになりますからね。

えへへ。

浴場で滑って転んで打ちどころが悪くてお陀仏なんてことがあっても、

ほかの方が何とかしてくれるでしょ。

中には奇特な方がいて、ねんごろに弔ってくれたり、

大枚の香典を包んでくれたり、

遺族の面倒を見てくれたり。ね。

えっ?、そんな人ぁいない?

あはは、そうですかそうですか。

 

■湯治用のお湯を体験

 

 まぁ、何にしても、にぎやかな方がようがす。

広い湯船に一人ぽっちでつかってるとね、なんだか溜め息ばかりついちゃって。

挙げ句に死にたくなっちまったり…ね。

せっかく命の洗濯にきたってぇのに、洗いすぎて命の糸が切れちまう…。

なんて…。死んじゃあいけませんよ。ええ。

どうせいつかはお迎えがくるんですから、

たまにゃぁでっかい湯船にのんびりつかって、

贅沢な気分に浸りましょうや。ね。

脱衣所を抜けて浴場に入ると、広い浴槽がお出迎えってやつだね。

 

■湯治用浴槽はこぢんまり

 

f:id:kunbe:20150903135908j:plain

 

…? えぇぇ!

あれが湯船?

ありゃりゃ、狭いねどうも。

よくある大浴場のイメージたぁ大違い。

昔の安アパート3畳一間、トイレも台所も共同ってぇやつだね。

町の野郎、温泉の湯量ケチりやがったな。

んなことない? あはは。

このちっこいのが湯治用で大人5、6人入ればびっちびち。

で、あちらが水風呂。へぇ、水風呂の方が若干広いようで…。

水道代は惜しみません!ってか。

まぁ、んなことどうでもいいか。

さ、せっかく来たんだから入りますよ。

えぇ〜ちょいとごめんなさいごめんなさいね。

けっこう人がいるからボケッとつっ立ってたらぶつかっちまうね。

えぇえ〜、すいません、ちょいと通りますよ。

あらららぁ、お兄さん、なんだかああた、ずいぶんと小汚い背中だねぇ。

湯に入る前にきちんと洗ってくださいよ。変な病気がうつっちまうから。

洗い場も混んでやんすねぇ。順番待ちだよ。

湯船には5人入ってるし。

しかも一人で二人分の方がいるから、ずいぶんと窮屈そうだよ。

芋洗いだね。

はああ、どうでもいいけど誰か早く出てくんないかな。

すっぽんぽんで突っ立てるオヤジなんて、ぜんぜん絵にならないよ。

ったく…。

こう混雑してりゃ田舎に来たって感じがしないね。

なんだかみんな神妙な顔して湯に漬かっちゃってさ。

しかも長湯。

熱いお湯にあんまり長く漬かると体に悪いですよぉ〜。

ちぇっ、誰も聞いてないや。

我慢競べだ。一人も出ようとしないわ。

あら?、あちらの若いもんなんか文庫本開いてるよ。

何読んでんのかな。

ここからじゃ読めないね。

はぁ〜、弱ったね、たいくつだよどーも。

あたしも何か本を持って入ればよかったな。

しかしあの若もんは我慢強いね。

熱々の温泉に肩まで浸かって顔色ひとつ変えてませんよ。

てぇしたもんだ。

なかなかいないよ最近の若いもんに我慢強いヤツぁ。

あたしの職場なんか、ちょっとにらみつけただけですぐ逃げていく野郎ばっかり。

骨なしチキンだよ。

肝っ玉なんか、母ちゃんの腹ん中に忘れてきましたって、すぐ泣き出すんだから。

はたから見ると怒ってるあたしの方が悪いみたい。

んなもんだから、あたしの上役なんか

「また、いじめてんな」ってすぐにあたしを怒るんだよ。

ふざけんじゃねぇって話でしょ。ね。

プンプン!

おっ、そうこうしているうちに、じさまがお上がりだよ。

 

■ヌルヌルベタベタの恐怖

 

f:id:kunbe:20150903140051j:plain 

 

ひええええぇぇっっ!

じさま、てぇへんだっ!

ベッタベタだよ、体中!

ヌラヌラ光っちゃってますよ。

へ?、このお湯につかるとみんなこうなんの?

ベッタベタのヌ〜ラヌラ、ギットギトのヌ〜ルヌル、に…。

タオルも黄色くなっちゃう?

へぇえ…。恐ろしい温泉だねぇ…。

油ぎるってぇのはこういうことを言うんだね。

すごいねどうも。

話にゃぁ聞いてたけど、凄まじいお湯だ。

油分が水面を覆ってるよ。

しかも、なんだいこの臭いは。

灯油だね灯油。

火を点けたら燃えるんじゃないの。

くっさいし危険だよ。

ったく。

これがホントに体にいいのかよ。

これが体にいいんなら、家で灯油浴びてもよさそうな感じだよ。

かなりヤバそうだなぁ…。

やっぱやめて帰ろっか…。

えっ?、せっかく来たのにもったいない?

そりゃそうだけどさ。そうなんだけどさ…。

これに入るの?

あたしが…。

なんかヤだなぁ。

汚ねぇなぁ。

色男が台無しだよ。

え?、汚れた方がまともに見える?

コラコラ。ホントのこと言っちゃぁいけませんよ。

にゃはは。

はるばる500キロもやってきて、見るだけじゃあつまらない?

たしかにそうだよ。

仕方がない。

心を決めて入りますか。

って、ちょっと待ってよ。

いきなりドボンとは入りませんよ。

あっついお湯に入る時はつま先からゆっくりと入りなさいって、

先祖代々の家訓なんだから。

 

■一大決心で入浴したよん

 

な、何見てんだよ。

べ、別に臆病風に吹かれてるわけじゃないよ…。

イヤな目つきで見るねぇ。

緊張しちまうでしょ。

見るんじゃない。

見るんじゃないよ。

入るから。入りますから!

さ、つま先を湯に入れてっと。

あちちちち! っくない。

あれぇ、ずいぶんとぬるい湯だね。

すいません、ちょっと湧かしてもらえませんかぁ。

ぬるすぎて風邪引いちゃいそうですよぉっ!

 

■湯治用はぬるいよ

 

えっ?湯治用だから、ゆっくり長く入れるように、ぬるめにしてある?

はぁ、なるほどねぇ。

ちゃんと気配りしてんだね。

偉いぞ豊富。

褒めてやるからなんかくれ。

えへへ。

それにしてもずいぶんいろいろ浮かんでる湯だねぇ。

なんだよこのにゅるにゅるした物体は。

 

■不純物がプカプカ

 

牛乳にレモンを入れたらできる幕みたいなのがあちこち浮かんでるよ。

気持ち悪いねぇ…。

ホントに大丈夫?

毒じゃないの? これ。

まぁ、「油温泉」の異名を持つ豊富温泉の話を小耳に挟んだのが運のツキ。

死ぬ前に一度は入っておかなきゃ、子々孫々に申し訳が立たないってもんだ。ね。

大げさ? でもさ、それぐらいの決意がないと入れないよ、これ。

臭くてキッタネェんだから。

はいはい両足太ももまで入りましたよ。

湯につかるためにはもう一踏ん張り。

膝を曲げればいいだけ。

えへへ…。

気持ち悪くて膝が笑ってやがる。

ガクガクふるえて座れないねぇ。

な、情けない男だよ。

こんな所で立ち往生。

やだよやだよ。

おいらこんなところでチ○チ○ブラブラさせたまんまで一生終わらせたくないじょぉぉ!

クスン…。

温泉に入るのにこんなに勇気がいるなんて知らなかったわ…。

トホホホホ…。

ガキの頃にドブに落っこちたとき以来の恐怖感だよ。

落ち着いて落ち着いて。

そおっとそおっと。

こりゃあ、一本気で曲がったことが大嫌いの気性が邪魔してるんだね。

いいよいいよ。膝ぐらい曲げても。

いんだよ今回は。

そうそう、ゆっくりゆっくり曲げて…、ね。

おっ、曲がった曲がった膝が曲がりましたぁっ!

ははは。肩まで浸かることに見事成功!

よっ!さすがは日本男児!

いい男だねぇ!

女の子がほっとかないよ。

f:id:kunbe:20150903140057j:plain

 

■自分を褒めたくなります

 

……。

なんだよ、自分で自分を褒めて悪いか!

自分が言わなきゃ誰も言ってくれないんだぞ。

寂しいオヤジなんだぞ!

半世紀も生きてきて初めてこんな気持ちの悪いお湯につかったんだぞ!

褒めてくれてもいいべやっ!

 

あらら、ぬるいお湯につかって熱くなっちまったわ。

 

さっき、洗い場で見た兄さんは湯上がりだったんだね。

それであんなに汚れてたんだ。

石けんで落とせるのかな? この汚れ。

かなり頑固に見えるけど。

えっ?、あんまり落とさない方がいいの?

肌にいいから?

これが?

全身に油膜が貼ってアトピーなんかによく効くの?

へぇ〜。それで全国から湯治客がわんさかと。

なるほどねぇ。

うまいことやりやがったな豊富町

肌の病気で苦しむ人の弱みに付け込んで

「この温泉に入ると皮膚の病いが治ります」

「つるつるお肌になりますよ」

って、客の肌を潤わせて、外貨収入で町の財政も潤う。

まいったまいった、抜け目ないね。

あははは。冗談冗談。

仲間に入れて。

 

■一般入浴用もあります

 

f:id:kunbe:20150904160324j:plain

この町営日帰入浴施設「ふれあいセンター」には

湯治用のほかに一般の客向けの大浴場などもちゃんとありやす。

こちらのお湯はほぼ無色透明に近いですが、若干の石油臭があります。

いくらとりつくろっても出生の秘密はごまかせまないってわけね。

湯治用よりはおとなしいけどタオルには色がつきます。

どちらに入ってもいいんです。

どちらもしっかり温まります。

しかもお肌がスベスベ。

まぁ、オヤジの肌がすべすべになったところで誰も喜びゃしませんが、

女性の方にはうれしい限りだと思いますよ。

機会があったら是非試してみてください。

あたしは本気で気に入りました。

きったなくてくっさくてクセになる温泉です。

皮膚の病いに苦しむ人も行かれることをお勧めします。

 

 

以上、ほぼ一月遅れの今年のお盆の体験記でした。

読んでくださった方、ありがとうございます。

 

なお、今回の写真はすべて、

豊富温泉関係のホームページから無断で拝借させて頂きました。

こちらがそれです。

toyotomi-onsen.com

もっとメジャーになってもいい温泉だと思います。

頑張ってアピールしなさい!豊富町

 

それじゃまたね。

長くてごめんね。

広告を非表示にする