kunbeのあれこれ雑記帳

読んでくれた人がクスッと笑えるような事柄を、時には事実に基づき、時にはウソ八百を書き綴ります。

ひまつぶし日記 1 男の看護現場

 

 すっかり雪景色になった窓下の電車通り。

 早朝は行き交う車も少なく

 巨大な防音窓で遮られ下界の音は一切聞こえない

 理想的な看護環境……。

 

 毎朝6時に起こされます。曜日も祝祭日も一切関係なし。

 わっかい看護師さんのかわいい声。

 おはようございま~す♡と各部屋を巡回して、

 一人一人のベッドサイドで、

 目を開けるまで名前を呼び続け、

 強制的に目覚めさせていきます。

 

 もうちょっと寝ていたいにゃぁ。

 と思っても

 看護師さんが女の子だから

 許せちゃいます。

 うふふ。

 

 

 悲しいかな、

 この病棟には男の看護師もいます。

 しかも半分近く。

 そしてわっかい。あ~んど、むだに元気。ときてます。

 

 よせばいいのに………。

 

 こいつらも朝起こしにきます。

 

 「おはぁっす」

 野太い声。

 

 ああ、気分悪りぃ…。

 なんてゆううつな一日の始まりでしょう。

 今日一日だめだこりゃ。

 のっけから、すっかり投げやり気分です。

 

 いいよ。さわやかに笑わなくても。

 愛想笑いは、いらないから。

 はいはい、ゆっくり眠れましたよ。

 ありがとありがと。あなたのおかげ。ね。ね。ね。

 はいはい、ありがと。

 あたしになんかつきまとわないで、

 さっさと次の人んとこ行っとくれ。

 

 なに、血圧?

 テキトーでいいよ。

 えっ、熱?

 だからテキトーでいいって!

 トイレの回数?

 好きなように書いとけよ! うっせーな!

 

 心の中でぶちぎれてます。

 

 悪気はないんですよ。悪気は。

 ただ、

 世の中の男性の大多数は、わっかい女の子が大好きです。

 中でも看護師さんは人気の職業。

 コスプレさせたい衣装ベスト3に常に入っています。たぶん。

 おバカな男は白衣の天使にメロメロなんです。

 ただし女性の。

 

 男性患者は看護師さんに癒されたいんです。

 

 「とある飲み屋でのバーテンと客の医者の会話だよ」

 「なんですか」

 「客の医者が言うには患者と肉体関係を持っちゃったって」

 「あらら」

 「バーテンはよくあることじゃないですかって慰めたんだけど…」

 「なぐさめたんだけど…?」

 「客は獣医だったって! ぎゃははぁ~」

 「うわぁっ!」

 

 こんなくっだらない冗談でも笑ってもらいたいんです。

 「バカなことばかり言って笑わせないでください」

 なんて言われたいんです。

 

 これを男性看護師とすると

 「とある飲み屋でのバーテンと男性看護師の会話だよ」

 「はいはい」

 「男性看護師は患者さんと肉体関係を持っちゃったって」

 「ほうほう」

 「患者さんは男性だって!」

 「はぁ、普通っすね」

 

 どうします。こんな世界。

 

 同性愛を否定するつもりも

 雇用機会均等法を責めるつもりもありません。

 

 癒しの観点から考えると、

 ほほえみ一つで男を有頂天にする力は

 女性にしかないのではないかと…。

 治癒力も圧倒的に女性の方が上ではないかと…。

 男性にはできない世界があるんじゃないかと…。

 

 書いていて思いました。

 あたしの話、説得力ゼロ。

 

 男性版白衣の天使…。

 当たり前の時代なのでしょうか。

 

 

 あたしは女性限定でお願いしたいと

 切望する一人でございます。

広告を非表示にする